海の幸

越前がに

黄色いタグが目印、日本海の冬の味の王様。

冬の味覚の王者と言えば、やっぱり福井の越前がに。長い腕に巻かれた黄色いタグが、本物の越前がにの証です。毎年、皇室に献上されており、その奥深い旨みは一度食べたら忘れられないほど。名のある食通もその美味しさを認め、全国に数多くのファンがいます。この越前がにの旨さの秘密は、福井の素晴らしい漁場にあります。福井の漁場は他県より近いため、日帰り漁ができ、どこよりも鮮度の良い状態で提供することができるのです。越前がには毎年11月6日に解禁され、翌年3月20日まで漁が行われます。さらに、新鮮な美味しさをレベルアップさせてくれるのが、市場でカニを茹でるときの塩加減と茹で加減です。地元では"カニ見10年、カニ炊き一生"という言葉があり、これはカニの目利きが満足できるまでに10年かかり、カニを満足に炊き上げる(茹で上げる)のには一生かかることを意味しています。それほどまでにカニを茹でるのは難しいもの。新鮮なとれたてのカニが絶妙の塩加減で茹で上げられ、どこより美味しい越前がにになるのです。カニは雄のズワイガニ、雌のセイコガニ、ズワイガニの脱皮直後状態の水ガニと3種類あり、それぞれ漁期も味わいも異なります。

photo_umi1.jpg越前がに 大 1杯
約800g購入ページヘ
photo_umi4.jpg越前がにセット(ずわい大1杯、せいこ3杯)購入ページヘ
photo_umi3.jpg越前せいこがに 大 5杯
約200g×5購入ページヘ
photo_umi2.jpg越前がに 中 2杯
約600g×2購入ページヘ

福井ゆかりの店